今までの常識を捨ててみる

東京の都心部というような店舗デザインでは、そもそも土地の値段が高く、地方のように、広い土地に理想の店舗を建てるといったことはそう簡単にはできないと言えるでしょう。そのため、どうしても条件が厳しく、限られた敷地の中でどう工夫して空間をデザインして行くかということが、店舗デザインにも求められるのではないでしょうか。特に、建物が隣接している地域の場合、自然光での照明効果は得られにくいため、照明をどのように取り入れるかという点は設計者にとって重要な課題と言えるでしょう。また、自然光が取り入れられる場合であったとしても、太陽の高さや日射時間が変わる春夏秋冬において、心地よく光を入れる設計にこだわり、窓と空間デザインの関係を明確に計算しておくことは重要と言えるでしょう。また、窓というアイテムは、光を取り入れるだけでなく、景色を眺めるという点でも大切なアピールポイントとなるでしょう。限られた敷地の中で、最大限の心地よさを感じられるような空間設計という考え方は、近年の土地開発の中では重要なポイントであると言えるのではないでしょうか。つまり、今までの常識にとらわれて細々と部屋を仕切るより、全体を大きな一つの空間として捉え、縦と横に広がりのある空間となることを意識してプランニングしていくというのも大切なのではないでしょうか。吹き抜けや高い天井というのも、重要な要素であるため、自身の持っているコンセプトをどうしたら叶えられるか、という点にスポットを当て、建築や店舗の常識というものから外れて空間を捉えて行くというのも、魅力的で個性溢れる店舗デザインへと繋がって行くのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です