コンサルタントの導入

近年良く耳にする「コンサルタント」という言葉ですが、その言葉からどのようなものを思い浮かべるのでしょうか。「転職コンサルタント」「経営コンサルタント」などは、頻繁に耳にするのですが、中には「飲食店の開業時に利用できるコンサルタント」というのもあるのをご存知でしょうか。飲食店というのは、開業率も多ければ、廃業率が高い業界であるとも言えるでしょう。特に都市部では、移り変わりが激しく、数カ月単位で入れ替わりが起こっていても珍しくはないと言えるでしょう。このように、飲食店が長く経営していくためには、一見さんだけではなく、自店舗を目指してきてくれる常連さんを確保することが重要と言えるでしょう。このことから、店舗デザインの過程の中で、魅力的なコンセプトを持っておくということは、常連さんを作るための第一歩とも言えるのではないでしょうか。しかし、実際に開業するとなると、資金繰りや様々な届け出に加え、マーケティングや店舗の契約、工事業者への以来、人材の確保や育成といったように、しなければならないことが山積みになり、なかなかコンセプトを練るといった時間が取れないことがほとんどでしょう。その手助けとなってくれるのが、コンサルタントと言えるでしょう。コンサルティングしてもらうことで、希望を実現させた上で成功するお店というビジネスモデルを提案してくれたりと、大きなサポートを受けることができます。人材育成、メニューやマニュアル作成、物件選びなどについても総合的に相談でき、初めての開業で不安があるという方でも、安心して開業準備を進めることができるのではないでしょうか。全てを背負うのも良いですが、倒れる前に手を借りるのも成功への道と言えるでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です