細部の設備も忘れずに

店舗デザインを考える際、内装についてイメージを膨らませる人がほとんどであると言えるでしょう。それは決して間違ってないですし、当然とも言えるでしょう。しかし、その時に考えた内装の中に、誘導灯や消化器といった非常用の設備が設置場所を考えているという人はあまりいないのではないでしょうか。しかし、実際に運営を行なっている多くの店舗は、こういった非常用設備は必ず設置されているのではないでしょうか。店舗における火災など非常事態のきっかけのほとんどは、些細なミスや、気の緩みといったものと言えるでしょう。こういった非常事態は、自店舗だけではなく、近隣の店舗や民家などにも大きく燃え広がるという可能性も考えられるでしょう。また、季節や天候などによって、大きな被害につながってしまうこともあるでしょう。そこで、このような被害の拡大を防ぐための設備を整えておくことは必須であると言えるでしょう。誘導灯は、原則的には、どんな形態の店舗であっても設置したほうが良いとされているようです。ただし、非常口がわかりやすく、距離の規定に満たない場合は設置しなくて良いことになっているようです。これらは法的に定められているため、確認したいという場合は、建物の図面を持って消防署に相談に行くと良いでしょう。また、消化器の設置の規定も決められているようですが、業種や店舗の形態によっては、規定面積にかかわらず設置が義務づけられている場合もあるようです。さらに、設置本数についても規定があるため、設置義務の有無がわからないという場合にも、消防署に相談しておくと良いでしょう。また、設置義務がないという場合でも、消化器を備えられないということではないため、いざというときのため、設置を検討しておくのも良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です