その事務所が得意とする価格帯に着目する

店舗デザインを依頼する事務所選びの際、その事務所がどういった価格帯を得意としているかという点もポイントと言えるのではないでしょうか。

例えば同じ飲食店の場合、チェーン店の店舗内装と高級店の店舗内装では、デザインは大きく異なる事が予想されるでしょう。
このように、同じ「飲食店」という括りであっても、予算の違いから、使用する素材、その見せ方といった面でも特徴がでてくると言えるでしょう。
安い素材を高級感溢れるように見せるようにするのが得意なデザイナーと、高級な素材の見せ方をいやらしくなくオシャレに見せるのが得意なデザイナーというように、依頼するデザイナーを選ぶには、予算によって異なると言えるでしょう。
店舗の業種や業態だけではなく、どのような価格帯の店舗デザインを多く実施しているのかといった情報を集めるというのも重要なのではないでしょうか。

候補に挙がっているデザイン設計事務所の特徴というのが、経営者の要望を満たす事ができるかという点は重要なポイントと言えるでしょう。
コンセプトやイメージが定まらず、専門知識のある人と話しながら進めたいといった場合などに、経営者の提示する情報を読み、積極的に提案してくれるといったデザイナーを選ぶということは重要ではないでしょうか。

また、いくつも出店を担当しているといった店舗開発担当者の場合であれば、より多くの意見やマーケット情報を交わしながら店舗デザインを考えていけるデザイン事務所を選ぶ事が望ましいと言えるでしょう。
最終的には自身で選ぶことになるので、担当者の人柄といった詳細な部分も加味し、納得して依頼できるデザイン事務所を選べると良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です