居抜き物件のメリット、デメリット

居抜き物件とは、前のお店の内装や設備のままの物件を指しており、お店の備品などを残した物件のことです。
この物件は、最初から設備が整っているため、うまく利用すれば内装工事を行う必要がないという大きなメリットがあると言えるでしょう。
しかし、設備がまだ新しい店舗などの場合には、賃料とは別に設備の買い取りのための費用が必要となる場合もあるので、事前にしっかりと確認しておくことをお勧めいたします。

居抜き物件は、飲食店や美容院、小売店などといった場合でも出る事があり、この場合も、シャンプー台やショーケースなどの独自設備が整った状態で次の入居者が探されるようです。
居抜き物件を利用することで、設備費用、業務用のキッチンや冷蔵庫、ショーケース、カウンターなどの什器費用などを抑えることができるでしょう。

また、設備や内装を整える時間も短縮できる他、足りないものを買い足す程度の準備だけですぐにオープンが可能という状態になると言えるでしょう。
前の店に常連さんがいた場合にも、取り込める可能性もあり、スタートから入店を確保できるかもしれないという安心感もあるでしょう。

しかし、居抜き物件でも、使い方を間違えばデメリットとなる事もあるようです。
飲食店の居抜き物件だからといって、必ずしも自分の希望通りの設備が揃っているとは限らないというのが実際ではないでしょうか。
前の店が潰れている場合、その店舗がなぜ潰れてしまったのかを知っておくというのも大切でしょう。
顧客が少ない地域などという場合も考えられるからです。

居抜き物件の設備は、あくまでも中古品であり、問題なく動作するかどうかというのも事前に確かめておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です