動線の確保

内装の店舗デザインで大切なことと言えるのは「好感を持ってもらえること」「居心地がいいと思える空間を演出する手助けをすること」「コンセプトから外れないこと」そして、忘れてはいけないのが「機能性がしっかりしていること」と言えるのではないでしょうか。

特に 飲食店といった場合には、アトラクションや観光名所とは違い、いくらデザインが優れていたとしても、機能が不十分といった場合、お客さんにもストレスを感じさせてしまう他、スタッフ側の作業効率が低下し、悪循環の店といった印象に繋がりかねないと言えるでしょう。
作業動線の確保というのは、重要な割に、以外と後回しになりがちですが、それをまず確保した上で、インテリアや配置を考えていかなければならないのが本来の店舗デザインと言えるのではないでしょうか。
ホールとキッチンの連携が不便であったり、テーブルの並び方が支障になってスムーズな動きが取れなかったりしている店舗というのは、実は以外と多く見かけられるようで、必要不可欠な作業動線の確保できていない店舗では、スタッフの効率を下げるだけにとどまらず、お客さんにも不便さを感じさせてしまうといった事態が発生してしまうのではないでしょうか。
デザインやレイアウトによる動線不十分といったマイナスは、最初から回避すべきと言えるのではないでしょうか。
スタッフとお客さんとの動線をよくイメージしてデザインを考えていけることが望ましいでしょう。

それと同様に、店内の座席数についてもよく考えておくことが大切でしょう。
多くの座席を準備し、一度に入れる客数が多く、売上を上げやすくなっても、客席や通路が狭くなってしまえば「居心地の良い店」という印象は得られないでしょう。
ある程度のスペースを確保することも意識して座席数やレイアウトを決めるのは基本と言えるのではないでしょうか。