内装工事の事前準備

飲食店を開店するにあたり、営業許可というものが必要になってくると言えるでしょう。
これは、申請すれば誰でも通るというものではなく、トイレの数や、シンクのサイズなど、店舗の内装に関わる規定項目が多く存在しているようです。このような規定はネットでも検索できると言えますが、各地域の保険所によって詳細が異なる場合もあるようです。
つまり、内装工事の内容を決定する前である、店舗デザインの段階で管轄の保健所に相談や確認に行っておくことが望ましいと言えるのではないでしょうか。

店内のおおよその配置や、什器の種類や大きさ、レイアウトなどが見通せた時点で保健所を訪れるようにすると良いでしょう。
その時に申請時に必要な書類なども確認してもらうことができますし、手続きの流れを聞き、準備漏れを防ぐこともできると言えるでしょう。
わからないことなども、その時直接話を聞いておくなど、事前に準備できる要素がわかりやすくなるでしょう。

飲食店の営業許可申請に必要な書類は「営業許可申請書」「お店の住所」「食品衛生責任者の氏名」「営業設備の大要」「建築様式や面積、設備な」「営業設備の配置図」「お店の図面」「食品衛生責任者資格の証明書類」「食品衛生責任者手帳・調理師免許」などが挙げられるでしょう。飲食店の営業許可申請は、実際の店舗を担当者が調査し、確認が行われるようです。
これに合格しなければ、営業許可証の引換証をもらうことができず、許可がおりないということになるようです。
また、合格しても、営業許可証がその場で交付されるのではなく、営業許可証が出来る予定日以降に、保健所で受け取ることになるようです。
再検査などにならないよう、万全な体制で臨みましょう。